屋根の修理・リフォーム | 屋根のエイト|東京・神奈川・千葉・埼玉で屋根・金属屋根の修理施工

年中無休お気軽にご連絡下さい

0120-4790-36

無料見積り

屋根の修理・リフォーム

  • 屋根葺き替え工事
  • 屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事

既存屋根のコロニアル・瓦・金属屋根を全て撤去してすべて新しい物に交換します。
防水シートや下地の野地板を新しくするので、屋根の寿命が蘇ります。
また、重い瓦屋根から軽い金属屋根にする事で地震にも強くなります。

屋根のエイトでは、金属屋根の葺き替えをおススメします!

屋根のエイトでは、金属屋根の葺き替えをおススメします!

既存屋根が瓦の場合、上から金属屋根を被せる事が出来ませんので、葺き替え工事となる場合が多く、近年では耐震対策として重い瓦屋根から軽い金属屋根を希望されるお客様が多くなっています。

 

屋根は軽くしたいが見た目は瓦のままがいい。という方の為に瓦の形をした金属屋根も登場しており、デザインや色も豊富で見た目が美しいです。

  • 下地の野地板から新しくする為、家の寿命が延び資産価値が上がる
  • 屋根が軽くなるので地震に強くなる(瓦屋根と比べ約10分の1)

金属屋根のメリット

  • 金属屋根カバー工法
  • 金属屋根カバー工法

金属屋根カバー工法

現在ついている屋根の上から、新しい金属屋根を被せる工法です。
カバー工法が普及してから20年程が経過し、多数の施工実績や耐久性が評価され、「大和ハウス」「積水ハウス」など大手施工会社がカバー工法を推奨しています。

なぜカバー工法が人気なのか?

なぜカバー工法が人気なのか?

使用する金属屋根はコロニアル屋根と比べ非常に耐久性があり「割れ・汚れ・カビ」に強く、メーカーによる長期の製品保証や大手リフォーム会社も推奨する安心感があります。
ただ単に屋根の上に金属屋根を被せるだけではなく新たに防水シートを貼り直しますので、
「屋根は新しくしたけど下地の防水シートが先に破れ工事の意味がなかった・・・」
などという事がありません。

 

下地の防水シートが破け雨漏りした場合「野地板」から修復する必要があり高額な工事になりますので、雨漏りから自宅を守る為防水シートは非常に重要です。
見積りの段階で防水シートが抜けていたり、古い屋根にも貼ってあるから大丈夫。
などと謳う業者には注意して下さい!
屋根本体が30年維持できても、下地の防水シートが先に破けたら意味がないどころか、余計に工事費がかかってしまいます。
金属屋根カバー工法なら、既存屋根を全て撤去する「葺き替え工事」と比べ屋根の撤去費用が発生しないので、費用を抑える事が出来ます。

  • 雨どい交換・部分修理
  • 雨どい交換・部分修理

雨どい交換・部分修理
落ち葉除けネット

古くなった雨どいを全て交換し新しくします。雨どいの劣化により雨を上手く処理出来ていないと、外壁や家の基礎に雨が溜まってしまい、家全体の劣化に繋がります。
部分的な対策・雨どいにゴミが溜まるなどもご相談下さい。
また、落ち葉などのゴミが雨どいにたまるのを防ぐ落ち葉除けネットの設置も承っております。

雨どいと家の寿命

一見あまり関係ないと思われるかもしれませんが雨どいの破損などで、
雨水が正しい排水溝に落流れなくなると建物の基礎部分や外壁に雨水があたり、
カビや基礎部分を腐食させたりする可能性もあります。
正しい場所に雨水を流す事は非常に重要になります。

波板交換

波板交換

ベランダやカーポート、倉庫など、古くなってしまった波板の撤去を行い、新しく丈夫な波板に交換いたします。
ご自身で施工される方もいらっしゃいますが、高所での作業になりがちなので大変危険です。
安全の為にも業者に施工してもらうことをおススメいたします。

高圧バイオ洗浄 + 光触媒

光触媒

屋根はもちろん、外壁・カーポート・ベランダ光触媒塗料を使用すれば、セルフクリーニング効果があるため、ある程度の汚れなら自然に落としてくれます。

建物の美観を良くするだけでなく、耐久年数も向上する為、昨今では人気の施工となっております。

瓦屋根漆喰補修+部分瓦交換

瓦屋根漆喰補修+部分瓦交換

瓦屋根では、瓦の固定・接着に漆喰が用いられています。
この漆喰も風雨や気候・直射日光によって他の屋根材と同じように劣化していきます。
漆喰が劣化してしまうと、固定力が弱まり、瓦がずれてしまいます。雨漏りだけでなく、強風や地震時に落下してしまう恐れもある為、早めの補修が必要です。
また、部分的な瓦の交換も承っておりますので、併せてご相談いただけます。

金属サイディング外壁工事

金属サイディング外壁工事

外壁を新しくする事は自宅のイメージを一新させ、家の寿命や価値を向上する付加価値が大きい修理になります。
殆どの新築工事で使用される外壁は窯業サイディングといい耐用年数は8年程になります。

 

屋根のエイトで使用する外壁材は「金属サイディング」になり新築で使用される「窯業サイディング」とは全く別物になります。
非常にコストパフォーマンスがよく評価が高いので自宅の価値を向上させるでしょう。
雨どいなどと一緒に修理しますと、足場代等の節約にもなりますので、是非ご検討下さい。

無料お見積り・お問い合わせはこちら

お電話、またはメールフォームにて承っております。
まずはお気軽にご相談ください。

Copyright© 屋根のエイトAll Rights Reserved. login