結局屋根はいつメンテナンスするのが適切か!! | 屋根のエイト|東京・神奈川・千葉・埼玉で屋根・金属屋根の修理施工

年中無休お気軽にご連絡下さい

0120-4790-36

無料見積り

スタッフブログ

結局屋根はいつメンテナンスするのが適切か!!

カテゴリ: 屋根の豆知識 公開日:2021年04月10日(土)
  • 使用している屋根材ごとにメンテナンス期間が異なる
  • メンテナンスを怠った場合雨漏れなどでより工事費が高額になる
  • 現在の屋根の見た目の状態である程度メンテナンス時期が把握できる

   

外壁より屋根は短い周期で!屋根メンテナンスの施工期間や相場費用

インターネット上で屋根のメンテナンス時期を調べると、「10年に1回はメンテナンスを行いましょう」という情報が多く掲載されています。

しかし実際は、使用している屋根材よって耐用年数が異なるので、10年に1度とは言い切れません。

そこで今回は、

  • 屋根材の種類ごとの耐用年数とメンテナンス周期
  • 施工方法と施工期間
  • 施工方法ごとの相場費用

この3点について詳しく解説していきます。

屋根のメンテナンス周期は?

 

屋根は、外壁と違い雨や紫外線の影響を直接受けやすいため、メンテナンスを行う周期は外壁塗装のメンテナンス周期よりも短くなります。

屋根には様々な種類があり、屋根の種類によってメンテナンスを行う周期が異なります。

屋根材の種類

屋根材の寿命

メンテナンス周期

スレート屋根

15〜25年

7〜8年

アスファルトシングル

20〜30年

トタン屋根

10〜20年

10〜15年

ガンバリウム鋼板

20〜30年

セメント系瓦

30〜40年

10〜15年

日本瓦

50〜100年

20〜30年

屋根の耐用年数である寿命を最大限に引き出すためには、屋根の種類ごとに適切な周期でメンテナンスを行うことが欠かせません。

屋根材そのものの寿命が長くても、屋根の内部には防水シートが組み込まれています。

防水シートの対応年数が20〜30年程度なので、50年以上の耐用年数を誇る日本瓦であっても、定期的なメンテナンスが必要になります。

またメンテナンス期間までに、屋根の色褪せやコケ・カビ・ひび割れ・塗膜の剥がれ・錆・屋根材の破損があれば、早めにメンテナンスを行うようにしましょう。

IMG 0597 1

 こちらは新築で日本で一番使用されているスレート屋根【コロニアル】になります。

安価で施工が早いそこそこ長持ちが使用される理由です。

10年~ほど経過しますと写真の様な苔、割れなどが目立ちます

屋根メンテナンスの方法は?どのくらいの期間がかかる?

 

 

メンテナンス方法

工法

メンテナンスにかかる期間

塗装

屋根素材の表面を塗装することで経年劣化を防ぐ工法

12日程度

カバー工法

今ある屋根の上から新しい屋根材を被せるように取り付ける工法

6日程度

葺き替え

屋根材を全て新しく交換する工法

野地板や防水シートなど下地から丸ごと交換することができる

8日程度

 

※屋根の大きさによってメンテナンスにかかる期間が異なる

屋根のメンテナンス方法は、「塗装」「カバー工法」「葺き替え」の3種類あります。

屋根材によって劣化症状が異なりますが、例えば広く普及しているスレート屋根の場合、以下のような症状に応じて屋根の劣化レベルである「深刻度」が定められています。

  • コケ・藻・色褪せ・板金部の錆…深刻度1
  • スレートの割れやズレ・反り…深刻度2
  • スレートの抜け落ち…深刻度3
  • 屋根のたわみや歪み・雨漏り…深刻度4

深刻度2〜4の劣化症状の場合、塗装だけではメンテナンスできない場合が多く、深刻度4の場合は下地交換が必要になります。

屋根の劣化症状の確認は屋根に登らないといけないので、業者に屋根の調査依頼をしてメンテナンスが必要かどうか確認してもらいましょう。



屋根のメンテナンス費用は? 

メンテナンス方法

相場費用

塗装

30〜70万円

カバー工法

60〜150万円

葺替え

80〜200万円

※一般的な30坪の住宅の場合

各メンテナンス方法では、工事費用とは別に材料費がかかります。

屋根の劣化症状に応じて、使用する塗料や新たに取り付ける屋根材の種類によって費用が大きく異なります。

使用する塗料や屋根材によって耐用年数や次回のメンテナンス時期が異なるので、事前に業者とよく相談してメンテナンス方法を決めるようにしましょう。

まとめ

屋根のメンテナンス周期は外壁メンテナンスの周期と同じと考えられてしまいやすいですが、雨や紫外線の影響を直接受ける屋根は、外壁よりも短い周期でメンテナンスを行うことをおすすめします。

屋根のメンテナンスは、屋根の劣化症状に応じて適切な工法が行われます。

屋根の劣化症状を放置してしまうと、劣化症状がより深刻になってしまうので、今回ご紹介した屋根材の種類ごとのメンテナンス時期を参考に、定期的な「屋根診断」などを受けるようにしましょう。

「屋根のエイト」では、業界初の固定料金制を導入しており、明確な料金をご提示しております。

大手と同じ施工基準と低価格で、大雨や台風など自然災害から家を守る屋根のメンテナンスを承っておりますので、気軽にご相談ください。

 

Copyright© 屋根のエイトAll Rights Reserved. login