目黒区 アパート棟【むね】板金交換工事を行いました! | 屋根のエイト|東京・神奈川・千葉・埼玉で屋根・金属屋根の修理施工

年中無休お気軽にご連絡下さい

0120-4790-36

無料見積り

スタッフブログ

目黒区 アパート棟【むね】板金交換工事を行いました!

カテゴリ: スタッフからのお知らせ 公開日:2021年05月22日(土)

 今回は棟板金の交換工事をお伝えします。

 

IMG 1472 

 こちらが工事前の棟になります。

水平に棟が伸びているので水平棟 大棟などと呼びます。

 

瓦屋根意外の棟【カラーベスト アスファルトシングル 瓦棒 立平など】は金属棟包みを利用する事が多く新築時は釘で止めることが多く

釘止めの場合年数が経過すると錆で浮いてきて棟を止める力がなくなり風で飛んでいく事もあります。

 

棟の釘点検の目安は8年~10年ほどがいいかと思います。

浮いている釘を戻してコーキングなので止める応急処置なども行っています。

 

棟を取り外すと貫板【ぬきいた】という木がありますので木の交換から始めます。

IMG 1474

新しい木を設置しました今回は換気の目的もあり隙間を空け施工致します。

 

IMG 1483

 

 

新しい棟包みを上から被せて完了です。リフォームの場合は釘打ちではなく専用のビスを使用しますので棟包みと貫板の保持力が

上がりますので強風による被害を減らす事が出来ます。

 

IMG 1481

 

棟包みの端部は収まりを考えコーキング処理を行いましたこれで雨の侵入を防ぐ事ができます。

 

リフォームの場合家の形や状況により納まりが変わり見積もりを取ってみると会社ごとに金額が全然違うという事があるかと思います。

そのような不信感を無くすため屋根のエイトでは業界初の固定料金制を導入しています!

梅雨前の対策としてお気軽にご連絡下さい。

Copyright© 屋根のエイトAll Rights Reserved. login