屋根修理-外装リフォーム専門工事店 屋根のエイト

屋根修理・外壁修理一覧

屋根のエイトでは様々な工事を行っています。お客様のご希望に合わせ住まいにあった提案を致しますので屋根-外壁の問題の解決、改善する事が可能です。

既存屋根のコロニアル・瓦・金属屋根を全て撤去してすべて新しい物に交換します。防水シートや下地の野地板を新しくするので屋根の寿命が蘇ります。また重い瓦屋根から軽い金属屋根にする事で地震にも強くなります

現在ついているコロニアル屋根の上から新しい金属屋根を被せる工法です。現在カバー工法が普及してから20年程が経過し多数の施工実績や耐久性が評価され「大和ハウス」「積水ハウス」などカバー工法を推奨しています。

既存の屋根を新しく塗り替える工法です。工事費を抑え見た目を綺麗にする事ができますが、屋根そのものを修理する訳では無い為、屋根の劣化、屋根下地の不具合など根本的な解決をする事が出来ません。

古くなった雨どいを全て交換し新しくします。雨どいの劣化により雨を上手く処理出来ていないと外壁や家の基礎に雨が溜り家全体の劣化に繋がる為非常に大事な部分になります。部分的な対策・雨どいにゴミが溜まるなどもご相談下さい。

外壁劣化による「チョーキング・釘浮き・割れ」などを修復し改善します。エイトホームサービスでは金属の外壁に交換する工事をおすすめしています。金属サイディングは非常に耐久性がありスタイリッシュなイメージで外観を一新します。

高圧バイオ洗浄+光触媒

外壁・カーポート・ベランダなどの「汚れ・カビ・雨垂れ」を強力に除去します。とにかく早く安く綺麗にして欲しいお客様に人気です。

Before

After

金属屋根カバー工法・屋根葺き替えどちらを選べばいいのか?

金属屋根カバー工法メリット  工事費70万円~ 工期約2週間

  • コロニアル屋根の上から施工出来るので工事費を抑えることができる
  • 大手リフォーム会社にも採用されていて20年以上の施工実績がある
  • ガルバリウム金属屋根は 非常に耐久性があり汚れ・欠け・割れ・穴あきに強い
  • 断熱材一体型の為、断熱・遮音性がある
  • 屋根本体が軽い為地震に強い
  • 古いコロニアル屋根から新しいコロニアル屋根に葺き替えするより工事費を抑えられる
デメリット
  • 屋根が二重の為重くなる
  • 屋根の耐久年数が長い為下地の野地板が先に劣化する可能性がある
  • 重い瓦屋根ではカバー工法が出来ない

なぜカバー工法が人気なのか?
既存の屋根を活かしながら新しい屋根を被せる方法を「カバー工法」といいます。使用する金属屋根はコロニアル屋根と比べ非常に耐久性があり「割れ・汚れ・カビ」に強くメーカーによる長期の製品保証や大手リフォーム会社も推奨する安心感があります。

ただ単に屋根の上に金属屋根を被せるだけではなく新たに防水シートを貼り直しますので屋根は新しくしたけど下地の防水シートが先に敗れ工事の意味がなかったなどという事がありません。下地の防水シートが破け雨漏りした場合「野地板」から修復する必要があり高額な工事になりますので、雨漏りから自宅を守る為防水シートは非常に重要なのです。

その為見積りの段階で防水シートが抜けていたり古い屋根にも貼ってあるから大丈夫などという業者には注意して下さい!
いくら屋根本体が30年維持できても下地の防水シートが先に破けたりしたら意味がないどころか余計に工事費がかかってしまいます。

 

既存屋根を全て撤去する「葺き替え工事」と比べ屋根の撤去費用が発生し無い為費用を抑える事が出来ます。しかし重さのある瓦屋根や屋根下地の野地板が劣化している場合は施工が難しくなります。

耐用年数目安:30年
製品名:スーパーガルテクト 赤さび20年・穴あき25年保証 メーカーが製品に対して自信がある事がわかります。

カバー工法の仕組み

金属屋根葺き替え工事メリット  工事費100万円~ 工期約2週間

  • 下地の野地板から全て新しくする為、家の寿命が延び資産価値を上げれる
  • 屋根が軽くなるので地震に強くなる(瓦屋根と比べ約10分の1)
デメリット
  • 下地から全て新しくする為工事費が高くなる 既存屋根の撤去料+新しい野地板
  • カバー工法と比べ工期が長くなる

金属屋根葺き替え工事

葺き替えとは既存の屋根を完全に撤去し下地となる野地板から張り替える工法になり下地の「野地板」から新しく貼る為家の寿命が延びます。
既存屋根が瓦の場合上から金属屋根を被せる事が出来ませんので葺き替え工事となる場合が多く近年では耐震対策として重い瓦屋根から軽い金属屋根にしたいお客様が多くなっています。

屋根は軽くしたいが見た目は瓦のままがいいという方の為に瓦の形をした金属屋根も登場しておりデザインや色も豊富で見た目が美しいです。

屋根は軽い方が地震に強い!

屋根が重い方が安定して地震に強いんじゃないの?そう思った方もおられると思います。
しかし屋根が軽い方が耐震性に優れているという事が有識者にも照明されています。参考はこちら
旧建築基準法で建設された住宅が屋根を軽くすると耐震対策と認められ自治体から補助金が支給されるのです。

この機会に軽くて耐久性のあるガルバリウム金属屋根に交換する事をおススメします!

重量:スレート屋根の4分の1          瓦屋根の10分の1

地震により重い屋根が崩壊

屋根修理の外観目安

下記の写真は殆どの新築で使用されるコロニアル屋根ですがの色落ち、本体の欠け、コケ、汚れなどが目立つ状態でした。築20年

ここまで劣化が進むと強風で棟板金、コロニアルの破片が隣の家などに飛び災害が起こる可能性があり2018年の大型台風では「棟板金の飛散」が最も多い不具合でした。建築後10年から20年程度で棟板金を固定している釘が木の経年劣化の影響で緩んできます。
屋根は見えにくい部分で修理が後回しになりがちですが、このまま劣化が進むと屋根の下に敷いてある防水シートが破れ(新築で良く使用される防水シートの耐用年数は15年程)
更に下にある野地板に雨が到達してしまいます。この事が原因で雨漏りが起こるのです。
エイトホームサービスで良く行う金属屋根の「カバー工法」は新しく防水シートも張り替えるので屋根の寿命が延びます。

屋根の点検は無料で行っていますのでお気軽にご連絡下さい。

アイジー工業 スーパーガルテクト施工例

ご自宅の屋根はどの種類?

屋根には沢山の種類があり材質により耐久年数や機能も違ってきます。
ここではそんな沢山の屋根の違いを紹介していきます。

コロニアル屋根(スレート・カラーベスト)

新築で一番使用される屋根になります。使用される一番の理由は安いからです。金属屋根に比べ㎡2000円ほど安く施工出来ます。ただリフォームの場合新しくコロニアルを使用すると既存屋根を全て撤去する必要があり高くなります。
耐用年数は25年程ですが10年程で塗り替えが必要になり汚れや割れに弱くあまり長持ちしません。

ガルバリウム金属屋根

リフォームで一番使用される屋根材になります。理由はコロニアルの屋根にカバー工法ができるからです。金属屋根が登場してから20年以上の施工実績があり製品に信頼があります。コストパフォーマンスに優れ耐久性もあります。一番おすすめしています。耐用年数30年

瓦屋根

耐久性があり耐用年数50年以上になります。遮音性・断熱性に優れ室内環境を守ります。デメリットは重い為地震に弱い・瓦が高い為工事費が高くなる事などです。現在は瓦の見た目で軽いガルバリウム金属屋根がありますのでお問合せ下さい。

アスファルトシングル

海外では一般的に使用されている屋根材です。割れたり錆びたりしない事が特徴です。デメリットは強風に弱く剥がれたり表面の小石が落ちてきますので定期的な点検で防ぎます。耐用年数:15年

屋根塗装工事

Before

After

屋根塗装のメリット

屋根塗装のメリットは既存屋根についている「汚れ・コケ・カビ」を高圧洗浄で落し綺麗にして新しい色塗り替え美観を向上します。ただ色を変えるだけではなく屋根材の保護・塗料により熱を反射して室内の温度を調整する役割もあります。

屋根塗装のタイミングと外観目安

ステージ1 色落ち
コロニアル屋根の場合6年程から色が落ちて美観や遮熱効果が低下してきます

ステージ2 コケ・カビ
汚れがかなり目立つ状態で屋根の性能もかなり落ちています。塗装で対応出来るギリギリの範囲です。

ステージ3 屋根の割れ・ヒビ 見た目はまだ綺麗ですが屋根本体が割れておりかなり危険です、実際強風で屋根が飛ぶ事もあります。塗装での対応が難しくなります。

気を付けて下さい!
雨漏りをしてから修理の場合屋根本体ではなく、下地の野地板に原因があり工事費が高くなります。雨漏りする前の早めの対策をおすすめします。

色々な塗料の種類と費用

費用目安:2000~3000円/㎡ 使用する塗料により金額が変わります

  • ウレタン塗料  耐用年数5~7年

安価で対摩擦性をもつ、現在はシリコン塗料が主流になっているがシリコン塗料が登場する前は良く使用されていた。対摩擦性に優れているので現在も鉄の手すり、雨どいなどに使用される事が多い

  • シリコン塗料  耐用年数7~13年

価格と機能のバランスが良く屋根塗装に多く使用されている。人気の理由は表面の汚れに強い点です。

  • フッ素塗料  耐用年数15~20年

耐久性を求める人におすすめの塗料。水を弾く撥水性や強固な塗膜でスカイツリーなどにも使用されている。性能が高い分費用がかかります。

  • ラジカル塗料  耐用年数14~16年

一番新しい塗料、高い性能を持ちながらコストパフォーマンスにも優れている注目の塗料

雨どい交換・部分修理

After

費用目安:3000円/m~

雨どいと家の寿命

一見あまり関係ないと思われるかもしれませんが雨どいの破損などで雨水が正しい排水溝に落流れなくなると建物の基礎部分や外壁に雨水があたりカビや基礎部分を腐食させたりする可能性もあるのです。正しい場所に雨水を流す事は非常に重要になります。

雨どい修理費用

費用目安:3000円/m~   雨どい全ての交換 20万円~

修理費節約!雨どいの修理は屋根の近くにある事が多く場合により足場が必要になります。屋根修理と雨どいを同じタイミングで修理する事により足場代の節約にもなります。同時に修理されるお客様も多いので是非ご検討下さい。

良く使用する雨どい一覧

雨どいシェア№1のパナソニックの雨どいを使用します。腐食しない優れた耐久性のプラスチックと内部構造は「スチール」になっており強度が他社と異なります。住宅の基礎部分・外壁から雨水を守ります。デザインや色も豊富に取り揃えています。

パナソニック ジェイスケア

雨どいの前後を同じ高さにしてスッキリと見せるデザインにしています。

パナソニック パラスケア

軒どい全面下方部にラインを入れる事で直線ラインが強調されボーダーなどのアクセントと美しく調和します。

パナソニック サーフィスケア

流れる様な水平ラインを持つ表面仕上げ。屋根の水平ラインと軒どいが同化し化粧鼻隠しの様なすっきりとした印象を与えます

パナソニック雨どいの材質
落ち葉除けネット

ネットで落ち葉や泥の侵入を防ぎ雨どいの水づまりを防ぎます。

金属サイディング外壁工事

Before

IMG-0364
既存窯業サイディング

After

IMG-0407
金属サイディングに変更

外壁の修繕と自宅資産価値

外壁を新しくする事は自宅のイメージを一新させ家の寿命や価値を向上させだだ単に外壁の劣化を直すだけではない付加価値が大きい修理になります。
殆どの新築工事で使用される外壁は窯業サイディングといい耐用年数は8年程になります。
何故窯業サイディングが新築で使用されるかと言いますとデザインが豊富で安く、加工がしやすいからです。

エイトホームサービスで使用する外壁材は「金属サイディング」になり新築で使用される「窯業サイディングとは全く別物になります。エイトホームサービスでは金属サイディングシェア№1のアイジー工業の製品を良く使用するのですが、非常にコストパフォーマンスがよく評価が高いので自宅の価値を向上させるでしょう。雨どいなどと一緒に修理しますと足場代の節約にもなりますのでご検討下さい。

ガルバリウム金属サイディング採用するメリット

金属サイディングメリット  工事費150万円~ 工期約3週間

  • 既存の外壁の上に被せて施工できるので工事費を抑える事ができる(外壁カバー工法)
  • 耐久性・防汚性・断熱性など窯業サイディングより優れている
  • 色落ちなど殆どしないので美観を保つことができる
  • 金属なので割れたりヒビが入ったりしない
  • メーカーの保証がある メーカーにより違いますが10年が多い

デメリット

  • 塗装工事と比べ工事費が高くなる
  • 施工が難しい為工期が長くなる
  • 金属特有の美しさはあるが全体的にのっぺりとした印象になる

金属サイディングとは何か?見た目は上記写真の様にその名の通り表面が金属でできており金属特有のスタイリッシュな外観に仕上がります。様々なデザインがあり何種類かにデザインを分ける事も可能です。
また金属サイディングには「断熱材」が一体型になっており断熱効果により冷暖房の効きが良くなります。
窯業サイディングと比べると5倍程の断熱効果が見込めるのです。これは殆どの外壁に使用されている窯業サイディングにはない特徴になります。

金属サイディング構造
金属サイディング施工例

新築で金属サイディングが殆ど使用されない理由は?

金属サイディングの新築採用率はまだ低いですが徐々に広まっており「無印良品の家」で採用されれています。

窯業サイディングと比べると高い
窯業サイディングが殆どの新築で使用される理由は安く施工が簡単だからです。

施工が難しく手間がかかる
金属サイディングは見切り材や板金ばさみによる加工が必要になり施工に手間がかかり技術を必要としますので施工出来る業者が限られてきます。

工期が必要になる
上記で説明しましたが施工に手間がかかる為どうしても工期が長くなります。
新築の場合やはり安くてある程度耐久性があり施工が簡単な外壁が採用されやすいです。

外壁劣化のサイン

チョーキング
ひび割れ
コケ・カビ・雨垂れ

ステージ1チョーキング

窯業サイディングの経年劣化により表面の塗膜が古くなり外壁を触った時に手に白い粉が付く状態です。窯業サイディングは殆どの新築で使用される外壁になります。

ステージ2コケ・カビ

高圧洗浄などで壁を綺麗にしても根本的な解決にはなりません。

新しい窯業サイディングは雨や太陽熱、様々な汚れから自宅を守る事ができますが屋根と同じで経年劣化により外壁としての機能が失われる状態になりチョーキングの状態を放置しておくとコケやカビが外壁に繁殖しなかなか厄介になり自宅の美観を著しく損ないます。

「高圧バイオ洗浄+光触媒」で汚れは落す事は可能です。
ステージ3ひび割れ

チョーキングにより外壁が雨水や湿気を吸い込む様になり劣化がどんどん進行する様になります。その結果窯業サイディングですと壁が浮きだし壁を止めている釘が緩くなり釘を止めている下地の「胴縁」ドウブチ が腐りだします。
胴縁は新築の場合ほとんど「木」の物を使用しますので湿気や雨水を吸収すると腐ってしまいます。
これも屋根と同じなのですが下地は一度腐ってしまうとどんどん劣化が進行するので対応がとても厄介になります。
その為第一段階の「チョーキング」 第二段階の「コケやカビ」が発生してきたら早めに対応する事が大切なのです。

お電話下さい!
他社より安くできる理由お伝えします!
0120-4790-36

大手リフォーム会社に認められた多数の施工実績
大和ハウスリフォームなど